交通事故とは

交通事故とは、車やオートバイ、自転車、人などによって引き起こされる事故のことですが、厳密にいえば、道路交通法第2条第1項第1号に規定する道路において、「車両及び列車の交通によって起こされた事故で、人の死亡又は負傷を伴うもの(人身事故)、物の損壊を伴うもの」と、道路交通法によって定められています。


日本で道路を利用するにあたっては道路交通法によって決められたルールを守る必要があります。
自動車を運転する時については細かく定められていますが、特に交通事故については起きてしまった時に被害者を生み、大きな損害が発生する可能性があることから、自動車損害賠償保障法によって、自動車や原動機付自転車の運行によって人の生命や怪我を負わせてしまった時に被害者を守り損害賠償を保障する制度として法律が定められました。
この法律によって自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)への加入が義務付けられています。
この保険は強制保険とも呼ばれ、過失の場合を除いて、加入しないまま自動車や原動機付自転車を運行した時には一年以下の懲役又は50万円以下の罰金、そして道路交通法の交通反則通告制度での点数6点が加算され、運転免許の停止又は取り消しの処分がなされます。


最近では、自動車による交通事故においては原因が飲酒運転であったり無免許であったり、といった悪質なものに対しての処分が軽すぎるという社会的な意見の高まりがあり、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷行為処罰法)が新たに定められました。


▽Special Link▽
交通事故の賠償や示談に関する相談が無料で出来るサイトです ⇒ 交通事故の相談

Copyright © 2014 交通事故と賠償 All Rights Reserved.